2017.05.19 Friday 17:39 | posted by maru

Bilily in シルエット展@アノニムギャラリー 長野への旅 vol.2

IMG_1636.jpg

Bilily展、長野の旅の続き・・・

2日目は「真田丸」でも賑わいを見せた、上田市にある「リベルテ」さんの見学からスタートです。
そしていよいよBilily展が開催されているアノニムギャラリーさんへ移動です。 IMG_1599.jpg


IMG_1601.jpg

リベルテさんではメンバーさんの活動を見せてもらったり、作品を見せてもらったりしました。
その中でも刺繍をされているメンバーさんと板谷さんが意気投合。
名刺を交換し、話をして盛り上がります。
帽子などに刺繍をされている方で、帽子好きの板谷さんと話が盛り上がり、
その今まで刺繍をした帽子が今、たくさんありますよということで見せてもらいました。
そしてこの出会いに・・と板谷さんに一つプレゼントと。
それではと、板谷さんも自分がつけていたBililyブローチをプレゼントの物々交換。

板谷さんはそれから福岡に帰ってきても毎日その帽子をかぶっています。

IMG_1692.JPG

そして昨晩に引き続き、リベルテさんでも作品で使われている米袋の紙での実演破りを披露。
ここでもみんなが板谷さんに注目、写真をたくさん撮っていました。
IMG_1605.jpg

これはいずれ、リベルテさん用のBililyにできたらと持ち帰りました。
二日間たくさんの出会いと、楽しい時間をもらえたリベルテさん。
本当にありがとうございました!これからも宜しくお願いします!


そして、いよいよBililyの展示会「シルエット展」が開催されているアノニムギャラリーへ。
IMG_1688.jpg


「びりっと破かれた紙という偶然の形を、木という永遠の形に落とし込む、というロマンあふれる作品のコンセプト、宇宙感に心打たれます。今回はBililyブローチが立体パッケージに入って素敵にリニューアルしています。そして、相変わらずひとつひとつシリアルナンバーがついています。一瞬と永遠がピッとつながる一点のような作品です。Bililyブローチをつけていると、宇宙のひみつを身に着けているような気分になります。」
(アノニムギャラリーblogより)

Bililyに素敵なロマンを感じると、ものすごくBililyに愛情を熱く語ってくれたオーナーの赤松さん。
もう僕らも涙出るくらい嬉しい言葉をたくさんいただきました。

お客さんもたくさんご来場頂き、いろいろな「想い」を話していただきました。

Bililyだけでなく、作品をメンバーと一緒に作っていくことに、いろいろな想いが湧き出てきて、
ここでの時間を無駄なものしないように、これからも「まる」で活動していかないといけないな〜
と改めて考えさせられました。

板谷さんも「興奮して眠れないかも」「涙が出そうなくらい嬉しい」「とても楽しい!」・・・
たくさんの熱い言葉が出てきていました。

IMG_1670.JPG

今回の素晴らしい機会を作っていただいた、アノニムギャラリーの赤松さん!
ありがとうございました!
これからもまた面白いコトが一緒に出来ていけたら・・・
そして今回の旅で出会えた、たくさんの方、ぜひ福岡の工房まるにも遊びにきてください!

長野と福岡と距離は遠いけど、
今回の旅で出来た「つながり」、「想い」は深く共有できた気がします。
そして今度は年内に「Bilily展 福岡」も開催できたらと思います。


まるレポート

<< Bilily in シルエット展@アノニムギャラリー 長野への旅 vol.1 | blog |

Calendar
Categories
Selected Entries
Recent Trackback
Archives