2009.12.29 Tuesday 20:15 | posted by maru

2009年!今年もありがとうございました。

今年も残すところあとわずかになりました。maruは本日をもって2009年の業務を終えました。今年もありがとうございました。多くの方々からのご支援に心より感謝申し上げます。 振り返ってみれば、今年もいろいろありました〜。

2009年は柳田烈伸の個展からはじまりました。2008年に九州大学USI子どもプロジェクト主催「芸術家と表現と子どもたち-天空の宮沢賢治さんへ-」のアートライブで、日本を代表するアーティスト、荒井良二氏とMAYA MAXX氏と同じ舞台に立ち、自らの表現に目覚めた柳田氏。個展では柳田独自のすばらしい世界が広がりました。10月には奈良のアートセンター「HANA」でも個展を開催。12月にはHANAの運営を行っている「たんぽぽの家」と「上海市障害者連合会」のお招きで中国・上海へ。障害者施設でワークショップを行いました。初の海外にかなり疲れたようですが、帰国するなり「また海外に行きたい」と精力的な発言が。柳田氏の来年はどんな年になるでしょうか?

展覧会などのイベントでは、3月は天神IMSで「maruworks+shop」を半月間の期間限定オープン。8月には今泉にあるAFTER THE RAINさんで「teku-tekuプロジェクトvol.2」を開催。作品展示の他にお店の前に壁画を描いたり、アートライブの開催、似顔絵の日など多彩なイベントになりました。10月と12月には写真ショップalbus(アルバス)さんと書店のキューブリックさんでカレンダー原画展(アルバスキューブリック)を開催。高知の画楽さんが開催された「画楽プロジェクト」にも出展しました。

仕事の面では、4月には数年来ご支援をいただいているBOSTON-NINEさんとのコラボTシャツの販売開始。またエイブルアートカンパニーの活動を通じてTAKEO KIKUCHIのTシャツイラスト制作のオファーが松永大樹にあり、新聞やテレビにも報道され話題になりました。ハイタイドさんとのコラボグッズも。ハイタイドさんの手帳カレンダーにmaruメンバーの作品がステキにデザインされました。中牟田氏の活躍もありました。「かたつむりのおくりもの」という児童書の挿絵を描くという仕事をいただきました。完成までには数々の苦闘があったと思いますが、乗り切りました。アリヤさん企画のコラボバッグにも採用されました。平川氏は自宅で飼っているねこをしばしば描いていましたが、それを時計にしたところ注文が次々にあり人気商品に。陶芸班の製品もグッとレベルがあがりましたね。松本氏の平皿も大・中・小が揃いました。中村氏のカフェボールもいい味出してます。島雄氏の植木鉢もいよいよ来年発売?陶芸班、いよいよ来年ブレイクか!?

応益負担制度をはじめとする数々の問題があり全国での反発も強い障害者自立支援法。その全国集団訴訟で、母が補佐人となりmaruメンバー敷島氏が福岡で3人目の原告として立つことになりました。11/6には福岡地方裁判所で第4回公判があり、敷島氏の母と吉田が口頭陳述を行っています。その支援法は夏の総選挙で政権交代が起こり、首相、厚労大臣が早々と支援法の廃案を明言。新法作りに向けて来年から大きく動き出します。

運営面では共同募金会の助成による厨房改装工事を経て、10月より念願の給食を始めることになりました。毎日おいしい給食を食べることができ、みんなの顔がほころんでいます。

ほんとうにいろんな事がありました。

でもここに書いた事は実はほんのごく一部です。日々の日常業務の中に、メンバーの活動を支える目立たないけど大事な支援がたくさんあります。看護スタッフも日々の健康管理から予防に至るまで大切な業務を担っています。調理スタッフも様々な気配りをしながらおいしい食事を作ってくれています。様々な業務がある職場ですが、メンバーと社会に向かってゆっくり進みゆく歩みをともにし、喜びを分かち合えることは、この職業の大きな魅力なのです。

一人ひとりの存在が多くの人々の目に、そして記憶に刻まれていくように、私たちはこれからも活動していきます。

来年もみなさまのご理解とご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

みなさまにとって来年が良い年になるようお祈り申し上げます。


-

<< まわる まる 〜福岡・箱崎編〜 | blog | 新年早々ご心配、ご面倒をおかけしております >>

Calendar
Categories
Selected Entries
Recent Trackback
Archives