2020.12.31 Thursday 17:15 | posted by maru

2020!今年もありがとうございました!!




 2020年も残すところあと数時間。今年も多くの方々からご支援を賜り、心より感謝申しあげます。
 maruは今年は12/29の通常開所日が御用納めで業務を終了しあっと言う間に大晦日を迎えました。今年はとにもかくにも大変な1年でしたね。いつもは実家のパソコンから年末記事をUPしているのですが、高齢の両親がいるため安全を期して帰省を断念。福岡の自宅で文章書いてます。なので見てるテレビも「紅白」ではなく「ガキ」です…。大晦日ということは、もうすっかり定着した主任池永によるmaruの1年を振り返るスライドショー・・・今年は思い通りの活動ができず、写真も少なくさすが厳しいかと思いつつも「どうかな…今年は?」と最終日の夕方に聞いたんです。「…いや、うん、大丈夫です。どうにかします。」との返事!そして今日の夕方に「できました。あとはよろしくお願いします。」とのメールがっ!!
 いやいや本当にご苦労様でした。私がはじめた年末の挨拶。もう文章では一年も振り返ることが不可能になり池永に渡したバトン。それを途絶えさせてはならないプレッシャーがある中、今年も無事につないでくれました。ありがとう!!主任池永が今年最後に残った力を振り絞って制作したスライドショーで、みなさん一緒に2020年のmaruを振り返りましょう!!

 いい映像をありがとう。いつもとは違う風景、コロナ禍の中、通所自粛にはじまり、通所制限、ソーシャルディスタンス、マスク着用、手指消毒、常時換気・・・言い飽きた言葉を常に口にしながらどうにかやってきました。緊張が走ることも何度となくありましたが、とりあえず無事に新年を迎えることができそうです。しかし、今日のニュースを見ても、このコロナ禍はまだまだ続きそうです。

これまでとは違う風景だけど、私たちらしさは何も失っていない、この映像をみてそう思います。年が変わっても、私たちは私たちらしく表現し続けていきます。そして個々が表現できる環境をしっかりと守っていきたいと思いました。
 
 そして毎年同じ文言となりますが・・・。

 今年もたくさんの出来事がありました。来年もたくさんの出会いが生まれ、みんなの思いが何らかのカタチとなって社会に飛び出して行くでしょう。
 私たちはmaruの活動を通じて、障害のある人が社会を構成する一員とされる社会、障害のあるなしで差を生み出さないインクルーシブな社会を目指すことが、人の暮らしに豊かさを生み出すことを知っています。maruの活動で出会った多くの人々とそんな社会を実現する為に歩みを共にできればと思っています。

 来年もみなさまのご理解とご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 みなさまにとって来年が良い年になるようお祈り申し上げます。

2020年12月31日 工房まる 施設長 吉田修一


News

<< 【陶芸】maru lab.様よりカップのご注文いただきました!!vol.2 | blog |

Calendar
Categories
Selected Entries
Recent Trackback
Archives